優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

かぶ1000

「ついに暴落が来た!」 かぶ1000さん ツイキャス メモ

投稿日:

Radish

 

2020年2月28日に、「かぶ1000」さんと「たーちゃん」さんが行ったツイキャスのうち、印象に残った点と勉強になった点を短くまとめておきます。

 

 暴落時に購入されたバリュー株

「かぶ1000」さん and/or「たーちゃん」さんは、下記の株を購入されたそうです。

東日本旅客鉄道(9020)

東海旅客鉄道(9022)

三菱地所(8802)

東日本旅客鉄道と東海旅客鉄道は、優待株バリュー株で確かに魅力的ですが、優待族としては、優待の内容(割引券)がそれほど心躍りません。

交通系株は、3月以降の月次業績の悪化が公表されてさらに下げそうな気がしたため、買っていません。(2020年3月15日時点)

JAL(9201)やANA(9202)も、チャンスがあれば、買いたいと思いますが、まだ下がりそうな気がして、買えていません。

三菱地所は、優待株ではないため、検討していません。

ただ、3銘柄とも年単位で見ると、倒産の恐れが極めて低く、業績も回復し、株価も少なくとも暴落前の水準に戻りそうです。

まねーちゃん

 

 かぶ1000さんの名言

株式はリスク資産なので、当然にボラティリティがある。だからこそ、株は下がるし、逆に上がる。

言われてみれば当たり前ですが、暴落したときには、つい忘れてしまいそうな心理をついた名言です。

急落・暴落は株式投資には必然的についてくるものです。

まねーちゃん

 

資金管理とメンタル管理が重要

「株が下がるときは、上がるときの3倍メンタルへの影響がある」と言われていますが、確かに暴落時は、株が安く買えると分かっていても、ほとんどの人には辛いものです。

従って、暴落時には特にメンタル管理の重要性を再認識させられます。

また、資金管理をしっかりしておかないと、暴落時に株式市場から退場させられることになりかねません。

普段から、今回のような暴落に備えて、しっかりと資金管理を行うこともとても重要です。

まねーちゃん

 

自分で考えられない人は株式投資に向いていない。

重要なのは、自分で考えることと継続性である。

株式投資の失敗を他人のせいにする人がたまにいますが、自分の資産、かつ、ポートフォリオであり、自分でどの株を買うか売るかを最終的に決めているので、当然ながら自己責任です。

人のせいにしていると、失敗の原因をつかめずに、失敗を次に生かすことができなくなるので、勿体ないと思います。

投資だけでなく、いろんなことにあてはまりますが、自分で考えて挑戦して、失敗して、考えて、改善して、少しずつ上達していくという繰り返しなので、継続していくはとても大切ですね。

まねーちゃん

 

 終わりに

こんな有益なツイキャスを無料で聞けるのは本当に有難いですね。

「かぶ1000」さん、「たーちゃん」さん、ありがとうございました。

なお、2020年2月28日の時点でお二人とも、既に相場は売られすぎていて、反転を見込んだ強気の予想をされていました。

お二人の見立ては妥当だと思いましたが、市場参加者の総意としては、不確実性を嫌い、そこからさらに大きく下げました。(2020年3月15日時点)

今後のコロナやコロナ対応の見立てではなく、それに対して市場参加者がどのように動くのかまでを予測するのはとても難しいと改めて感じました。

 

株式投資は自己責任でお願いします。

Best of Luck!

-かぶ1000

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.