優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

Investment

株式投資に「期待値」の考え方は役に立つのか?

投稿日:

Math

 

村上ファンドで有名な村上世彰さんが、株式投資において、「期待値」の重要性を強調されています。

最近、有名なバリュー投資家のかぶ1000さんも「期待値」が重要であるとおっしゃられていました。

そこで、「期待値」とは何か、株式投資において、役に立つのかを説明します。

 

 期待値とは?

期待値とは、1回の試行で得られる値の平均値のことです。

そう言われても、よくわからないと思いますので、村上世彰さんの「生涯投資家」の具体例を下記に引用します。

「たとえば、100円を投資する場合の「期待値」の計算方法は、次のようになる。

・0円になる可能性が20%、二百円になる可能性が80%であれば、期待値は1.6(0×20%+2×80%=1.6)

・0円になる可能性が50%、二百円になる可能性が50%であれば、期待値は1.0。

・0円になる可能性が80%、二百円になる可能性が20%であれば、期待値は0.4。」

従って、期待値が1を超えるもの以外は投資する意味がないそうです。

二番目の例のとおり、一回100円のくじで、外れたら0円で、当たれば200円もらえる場合、儲かりもしないし、損もしないので、時間の無駄ですね。

また、同書によると、宝くじの期待値は0.3、公営ギャンブルの期待値は0.75、カジノの期待は0.9強のため、村上さんは手を出さないそうです。

確かに、ギャンブルの場合は、参加する前から確率や期待値の観点からすれば、既に負けています。

そこで、期待値が1を超えている株式投資は投資対象として魅力的と言えます。

 

株式投資は期待値が1を超えているので、魅力的な投資対象

 

 期待値という考え方は有用なのか?

上の例のとおり、期待値が1を超えていないと投資しない方が良いというのはその通りだと思います。

ただし、ある場合に、「期待値」を計算するためには、「価格」と「確率」を特定することが必要となります。

宝くじ等の場合は、当選金額と確率が明確なので、期待値を出すのは計算するだけです。

しかし、特定の株がどこまで下がる確率がどれくらいで、どこまで上がる確率がどのくらいかを想定するは難しいですね。

株式投資における期待値をもう一度考えてみると、「株価がどこまで下がる可能性があるのかとその確率」と「株価がどこまで上がる可能性があるのかとその確率」から計算されることになります。

結局、明確な数値と確率を算出するのが難しいので、さまざまな情報から、ざっくりとしたある程度の枠で推定するしかありません。

そうだとしても、期待値は、投資における重要な「生産性(資金効率や時間の価値)」と「確率」を同時に考えているため、概念としては有用です。

もっとも、投資家は、勉強を重ねて、自分なりの「期待値」を計算するためのより具体的な基準を定立する必要があります。

 

期待値の考え方は有用だが、株式投資では期待値算出の基準を考えていく必要がある

 

 ソフトバンクグループ株式の期待値は?

ソフトバンクグループ株式の期待値をゆるく考えてみます。

2019年5月24日時点のソフトバンクグループ(9984)の株価は、10295円です。

ソフトバンクグループのホームページによると、現在の株主価値(保有株式ー純負債)が20240円です。

ソフトバンクグループは投資持株会社であるため、保有株式の時価が純資産であると推定することには合理性があります。

また、純負債についても、投資先の子会社の負債を除いて純負債を計算することにも合理性があります。

孫正義さんの先見性、ビジョンファンドの投資の実績等も考えると、このままソフトバンクグループは順調に利益を上げ続けていく確率は比較的高いように思います。

そうだとすれば、株価が2倍になる確率が80%で、2018年12月末時点の株価(現在の半分)に戻る確率を20%とすると、ソフトバンクグループ株の期待値は1.6となります。

検討材料や方法はゆるいですが、このような想定株価と確率を前提とすれば、「買い」と判断することになります。

 

株式投資は自己責任でお願いします。

Best of Luck!

-Investment

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.