優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

Investment

富裕層を目指すには、なぜ投資する必要があるのか?

投稿日:2019年4月17日 更新日:

Investment

世の中にはたくさんのお金持ちがいて、山登りと同様に、お金持ちになるためのルートは無数にあります。

たくさんルートがある中で、まず初めの分岐点(預金 or 投資)で、投資を選択することがお金持ちになるために必要不可欠であるのかを説明します。

なぜ貯金ではなく投資を選ぶのか?

預貯金であれば、お金が減ることがなく、リスク(お金を失う蓋然性)がないのに対して、投資はギャンブルのようなものでリスクが極めて高いと考えている人がかなりいます。

私も昔はそのように考えていました。

本当にそのような考え方は正しいのでしょうか。

リスクとして、預金ではインフレに負ける可能性がある

インフレ、デフレに関わらず、預貯金では名目上の数字が減ることは確かにほとんどありません。

もっとも、インフレ時には、同じ金額のお金を持ち続けても、実質的なお金の価値が下がることになります。

例えば、100万円を銀行に10年間預けていて、ゼロ金利でほとんど利子がつかず、10年後も100万円だったとします。(分かりやすくするために、利子の端数は切り捨てています。)

タンス預金も同じです。

仮に10年間で100%のインフレがおこった場合には、モノの値段が10年で倍になっています。

当初100万円であったものが10年後には200万円になっていますので、100万円という形式的なお金は減少していませんが、100万円で買えるモノが以前の半分の価値のもの(当初50万だったモノ)しか買えないことになり、お金の金額(数字)は同じままでも、お金の実質的な価値は半分に減少しています。

インフレ時には貯金ではお金の価値が棄損することになる。

ここ数十年間の日本ではデフレが続いたため、預金をしていても、お金の価値が減少していることに気がつきにくい状況にあります。

もっとも、アメリカ、欧州、東南アジア等世界の多くの国では毎年インフレで物価が上昇していますので、同じ金額のお金のままでは実質的に目減りしていっていることになります。

例えば、同じ国に10年振りに海外旅行に行くと、前回と比べてモノの値段が高くなったことに気づく人は多いと思います。

従って、実質的なお金の価値を維持するためには、守りの観点から、投資することが必要になります

インフレ時には、モノの値段が上がっていくため、株式や不動産の値段も通常は上がっていきますので、投資には防御的効果が期待できます。

複利を最大限に利用して、リターンの期待値を大きくする

複利の効力については以前に説明しましたので、複利について知りたい方は下記の記事をお読みください。

お金持ちになるための強力な武器とは?

現在の預金の金利では何年貯金したとしてもほとんど増えていかないため、預金によってお金が大幅に増えて、お金持ちになることは期待できません。

収入が多く、生活費(支出)が少ないために多額の貯金ができる人はそれでも良いと思いますが、多くの人は預金するだけでは、お金持ちに一生なれないリスクが高いと思います。

従って、お金持ちになるためには、攻めの観点から、投資して複利の力を借りることが唯一の方法となります。

お金持ちになるには、投資による複利の活用が不可欠。

 

 

-Investment

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.