優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

MIT

おすすめ投資本:「投資で一番大切な20の教え」を解析する⑤「完」

投稿日:

Book

今日は、「投資で一番大切な20の教え」(ハワード・マークス著、日本経済新聞社)の第5弾です。

11章から20章まで紹介します。

 

 第11章:Contrarianism(逆張り)

You need the ability to detect instances in which prices have diverged significantly from intrinsic value.

価格が本質的価値から大きく乖離した例を検出する能力だ必要である。

Superior investors know and buy when the price of something is lower than it should be.

優れた投資家は、あるべき価格よりも安くなっているものを知り、買う。

まねーちゃん
逆張りとは、多くの人が売っていて、本質的価値よりも安くなった時に買う手法です。

多くの人が売っていて、株価が下がっているときは、買うのに勇気がいりますが、そういう時に買った株はたいてい利益がでます。 

英語の観点から、in which は関係副詞のwhereとほぼ同義ですね。in whichの前後の文章ともに、それぞれが完結した文章になっています。

かねくん

 

 第12章:Finding Bargains (割安株を見つける)

Investment is the discipline of relative selection.

投資とは、比較したうえでの選択の規律である。

まねーちゃん
確かに、株式を買う際には、比較したうえで、より割安だと思う株を買うので、その通りですね。 
disciplineにtheがついて特定されています。A of Bで、BのAというように、AがBによって限定されるため、このような場合にはtheをつけることが多いです。
かねくん

 

 第13章:Patient Opportunism (忍耐を持った楽観主義)

The real goal of active investment management is to buy things for less than they're worth.

アクティブ投資管理の真の目的は、価値よりも安く買うことである。

まねーちゃん
当然ですが、価値よりも安く買っておけば、時間がたてば、価格は価値に近づいていくので、利益がでます。バリュー投資の本質を突いていますね。
SVCの文型で、to buyは不定詞の名刺的用法で、isの後で補語になっています。
かねくん

 

 第14章:Knowing What You Don't Know (何を知らないかを知る)

You can't know the future; you don't have to know the future; and the proper goal is to do the best possible job of investing in the absence of that knowledge.

未来を知ることはできないし、知る必要もない。適切なゴールは、未来を知ることなく、最善の投資を行うことである。

まねーちゃん
明日起こること、明日の株価、などを知ることはできません。その中で、現在分かっていることから投資するしかないというあたりまえですが、含蓄のある言葉です。
in the absence of (~なしで)という表現が英語らしい表現です。ぜひ真似して使ってみてください。
かねくん

 

 第15章:Having a Sense for Where We Stand (現時点を知る)

We may never know where we're going, but we'd better have a good idea where we are.

どこに向かっているか知ることはないかもしれないが、どのあたりにいるかを把握する方がよい。

まねーちゃん
確かに、今後株価が上がるか、下がるのかは、なかなか分かりません。もっとも、現在、売られ過ぎているのか、買われ過ぎているのか、本質的な価値から株価がどの程度乖離しているのを把握しておけば、株の買い時が分かり利益をあげることができる確率は上がります。
正確には、ideaとwhereの間に前置詞が必要な気がします。ただ、前置詞のonやforを追加しても、英語として違和感があるので、word choiceとして失敗している感があります。
かねくん

 

 第16章:Appreciating the Role of Luck (運の役割を認識する)

The truth is much in investing is ruled by luck.

投資はほぼ運次第というのが真実である。

まねーちゃん
どんなに上がる確率が高い株を買っても、確率通りに上がるとは限りません。確かに、運が良い方が結果が出るのは確かです。もっとも、時間とN数(サンプル数)を上げていくと、期待値に収束していくので、確率や期待値も重要です。
変わった英文ですね。isとmuchの間にthatが省略されています。
かねくん

 

 第17章:Investing Defensively (守りながら投資する)

Defense - significant emphasis on keeping things from going wrong - is an important part of every great investor's game.

防御(失敗を避けることにかなりの重点を置くこと)が、すべての偉大な投資家のゲームの重要な部分である。

まねーちゃん
確かに、成功している投資家は、大きな失敗をしている人はいませんね。
-(ハイフン)を前後で囲む、同格の用法は珍しいですね。
かねくん

 

 第18章:Avoiding Pitfalls (落とし穴を避ける)

The upshot of investment error is simple to define: prices differ from intrinsic value. Detecting it and acting on it are less simple.

投資のミスの結末を定義するのは容易で、本質的な価値から乖離した価格である。しかし、それを見つけて、対応するのは、それほど容易ではない。

まねーちゃん
価値から価格が乖離しているのは投資のミスであり、価値よりも安い時に買うのがバリュー投資です。
thoseは、factorsを受けており、仮にfactorsがfactorという単数の場合は、thatで受けることになります。
かねくん

 

 第19章:Adding Value (価値を付加する)

It's our goal to do as well as the market when it does well and better than the market when it does poorly.

相場(指数)が良い時は、相場と同程度で、相場が悪い時には、相場よりも良い結果を出すのが我々の目標である。

まねーちゃん
バリュー投資は、大儲けはあまり期待できませんが、大損もあまりなく、着実な投資法だと思います。
to do以下が実質的な主語で、as well as以下とbetter thanがandで並列になっています。
かねくん

 

 第20章:Pulling It All Together (落とし穴を避ける)

The ability to resist excesses is rare but it's an important attribute of the most successful investors.

行きすぎに抵抗する能力は稀であるが、最も成功している投資家の重要な特性である。

まねーちゃん
本質的価値と比較して、売られ過ぎている株を買うのは難しいですが、偉大な投資家は買えるので、そこを目指すしかないですね。

なお、第20章は、まとめの章であり、大切なことが相互に関連づけられていて、他にも素晴らしい文章がたくさん含まれています。

この文章は引き締まった綺麗な文章で、attributeはうまい使い方ですね。
かねくん

 

長くなりましたが、今回で漸く、本ブックレビューの堂々の(?)完結です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

また、別の素晴らしい投資本を紹介します。

 

-MIT

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.