優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

個別株

澤田ホールディングス(8699)のTOBに応募してみた

投稿日:

Asset

最近の暴落中に、TOBに応募する目的で、澤田ホールディングス(8699)を892円/株で、300株購入してみました。

TOB目的の買いがうまくいくかどうかの記録のために、まとめておきます。

 

 META Capitalによる澤田のTOB

2020年2月20日に、META Capitalが澤田ホールディングス(8699)にTOBを開始することを開示しました。

TOB価格は1050円で、19,859,758株(50.1%)を買い付ける予定です。

同社の代表取締役会長かつ筆頭株主である澤田秀雄氏(29.58%保有)もTOBに応募することになっています。

TOBへの応募が19,859,758株を超えた場合は、按分比例配分となるようです。

仮に全株主が全保有株式を応募しても、少なくとも半分は買い取ってもらえる見込みです。

TOBへの応募期限は、2020年3月24日です。

 

 SBI証券でTOBに応募

SBI証券の口座で澤田ホールディングスの株式を保有していれば、本TOBには、ログイン後に、数クリックするだけで、応募できます。

実際に300株分を応募してみましたが、とても簡単でした。

300株のうち、200株は買い取ってもらえるのではないかと期待しています。

 

 本TOB応募のメリット

今は暴落しているため、TOB価格(1050円)よりもかなりお得に、澤田ホールディングスの株式を購入できます。

2020年3月19日の終値は、900円です。

900円で買える株を1050円で買い取ってもらえるとすれば、お得です。

仮にTOBの対象外となっても、優待株なので、株主優待が頂けます。

1000株までは、100株ごとに1000ポイント(優待カタログで使える)ずつ増えていきます。

 

 本TOBに関するリスク

全株式を購入してもらえるわけではないので、買い取り対象外の株式はTOB後も保有することになります。

TOB後に、大きく株価を下げることになるかもしれません。

また、澤田ホールディングスは割安のはずなのに、なぜ澤田秀雄氏が手放すことに決めたのかも謎のままです。

2020年3月16日に出された適時開示では、澤田ホールディングスは、TOBに対する立場を保留しています。

その理由は、澤田ホールディングスは、ハーン銀行の大株主の変更に伴い、モンゴル中央銀行の承認が必要と考えているためです。

META Capitalは現地の法律事務所を通じて、当局に照会したところ、「承認は不要」との回答を得ていますが、両者の見解に相違があります。

外国のM&Aの当局の承認については、見解が分かれることはよくありますが、この点はそれほど大きな問題ではないと推察しています。

中央銀行の承認が必要であれば、少し時間が必要かもしれませんが、取得できるだろうと思っています。

META CapitalがTOBを撤回することもあり得るのかもしれません。

 

 おわりに

実は、澤田ホールディングスの株式を、あと200株、別の証券会社で保有しているため、SBIに移すかどうかを検討しています。

澤田ホールディングスの株を購入してTOBに応募することが成功するのか、失敗するのか良くわかりません。

それほどリスクは高くなく、利益ができるのではないかと見込んで、試しています。

失敗しても、TOBの経験が積めるので、どっちに転んでも、悪くはないと思っています。

 

*株式投資は自己責任でお願いします。

Best of Luck!

-個別株

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.