優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

SVF

ソフトバンクビジョンファンドの投資先を解明して、未来を探る⑤

投稿日:

Vision

2019年7月18日に、ソフトバンクワールド(SoftBank World)2019が開催されました。

Grab(東南アジアの配車プラットフォーマー)、OYO(インドの世界二番目のホテルチェーン)、Paytm(インドの電子決済及び電子商取引企業)、Plenty(アメリカの屋内農業企業)の4社が、その事業を講演しました。

今日はその中から、OYO(オヨ)について紹介します。

 

 OYO(オヨ):世界第一位のホテルチェーンへ

oyo2

出典:2019年7月18日ソフトバンクワールド基調講演

SVF(出資時点ではソフトバンク)は、Oyo Rooms(オヨ・ルームス)に2015年8月に約110億円を出資しました。

OYOは、2013年5月に創業されたインドの会社で、Aiを駆使する格安ホテルのプラットフォーマーです。

現在は、提供する部屋数で、世界第二位のホテルチェーンですが、あと数か月で、世界一になる見込みです。

毎日3,000室、毎月では90,000室の客室が増えていっています。

既にヒルトンやインターコンチネンタルグループを超えています。

 

 

 OYOの対象と市場

oyo1

 

出典:2019年7月18日ソフトバンクワールド基調講演

大手ホテルチェーンが対象としていない、部屋数が150以下の小規模なホテルをOYOは対象としています。

大手ホテルチェーンと比較すると、ブランド力がない小規模ホテルの稼働率は低く、まだまだOYOが対象とするホテルは市場にたくさんあります。

 

 

 OYOは膨大なデータをAIを使って推論

oyo4

出典:出典:2019年7月18日ソフトバンクワールド基調講演

通常のホテルチェーンは、ホテル新規開発に6か月~12か月かかるが、OYOは、膨大なデータとAIを使って、分析して、5日以内に決断を出します。

データとAIを使って、ホテルの内装を変えることで、稼働率を2倍以上に上げています。

写真のホテルは米国のダラスのホテルであるが、内装を変えて、明るくしたら、稼働率が3倍になって、その後も好調を維持しています。

ホテル管理アプリも提供しており、清掃担当者の生産性も2.5倍上がった例もあります。

生産性の高い清掃担当者は、今までよりも多い報酬を得ることができるようになりました。

 

 OYOのアルゴリズム

oyo6

oyot5

 

出典:2019年7月18日ソフトバンクワールド基調講演

膨大なデータとAIを駆使して、1秒あたり730のホテルの価格を最適化しています。

毎日、5,000万件の価格改定をしています。

 

 OYOのビジョン

oyo8

出典:2019年7月18日ソフトバンクワールド基調講演

 

OYOのビジョンは、世界一のホテルチェーンになるだけでなく、世界の32億人の中間所得層に、better living space(より良い生活空間)を提供することです。

 

OYOの今後がとても楽しみです。

*株式投資は自己責任でお願いします。

-SVF

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.