優待株にゆるく投資して自由になろう

Millionaire Roadmap

Books

20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健著 レビュー

投稿日:

 

Book

スーパーアフィリエーターのマナブさんが推薦されていた、古賀史健さんの「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読みましたので、まとめておきます。

古賀史健さんは、アドラー心理学の超ベストセラー「嫌われる勇気」の共著者として、有名なライターです。

「嫌われる勇気」は、素晴らしい本です。

「嫌われる勇気」と同じくらい、「20歳の自分に受けさせたい文章講義」も飽きさせることなく、一気に読ませてくれる本です。

 

 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の要旨

この本は、各章の末尾に、著者によるまとめがありますので、以下はそのまとめを参考にしています。

その気持ちを翻訳しよう

文章とは、頭のなかの「ぐるぐる」を、伝わる言葉に翻訳したものである。

書くことは考えることであり、理解したから書くのではなく、解をえるために書く。

聞いた話を「自分の言葉」で誰かに話すと、再構築・再発見・再認識が得られる。

 

文章は「リズム」で決まる

文章のリズムは論理展開で決まる。

接続詞を意識すれば、文章は論理破綻しにくくなる。

句読点、改行、ひらがなを多めにして、視覚的リズムを作る。

断定で、文章にリズムを持たせる。

 

構成は「眼」で考える

文章の面白さは構成で決まり、導入が重要。

論理的な文章は、①主張、②理由、③事実で構成されている。

 

読者の椅子に座る

特定の読者「例:10年前の自分」を想定する。

説得するのではなく、「自分事」にすることで、納得させる。

仮説を提示して、一緒に検討することで、読者を引き込む。

起「転」承結で、読者を巻き込む。

自分で理解できたこと以外は書かない。

 

原稿にハサミを入れる

推敲とは、ハサミを使った編集である。

「もったいない」は最大の禁句である。

 

 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」から学んだこと

総じて、文章の書き方が、分かりやすく説明されていて有益でした。

文章の書き方の実践的なアドバイスは上記にまとめたとおり、役立つ点がたくさんありました。

文章の書き方に加えて、あとがきに書いてあった、「読むのもいいが、とにかく書こう」に特に共感しました。

確かに、本をどんなにたくさん読んで、インプットしても、アウトプットがなければ、生産性はゼロのままです。

従って、生産性の観点からは、結果としてのアウトプットが大切です。

また、考えがまとまっていない段階でも、書きだしてみることで、理解が促進されて、考えがまとまっていくので、書くことがとても有益であることを再認識できました。

文章の書き方を学びたい人におススメの一冊です。

 

 

-Books

Copyright© Millionaire Roadmap , 2021 All Rights Reserved.